肌に優しい日焼止めを選ぶなら、ノンケミカルを

暑い時期にサンサンと降り注ぐ紫外線は、私たちの肌に気づかないうちに大きな負担をかけます。最近では、暑い時期だけではなく、年中紫外線が降り注ぎ、一部の紫外線は窓ガラスを透過して室内まで降り注ぐということが分かっています。私たちは、一年を通して絶えず紫外線による肌へのダメージを予防する必要があります。そんな紫外線を予防するのに有効なのが日焼止めです。現在、驚くほどたくさんの種類の日焼止めが店頭などで販売されています。そこで、日焼止めを選ぶ時のポイントを説明します。
日焼止めを選ぶ時に気になるのは、紫外線をカットする効果の高さと肌への負担の大きさではないかと思います。紫外線をカットする効果については、SPFとPAという数値によって表示されているので、その数値が大きいものほど紫外線カット効果が高いと言えます。肌への負担に関しては、成分やパッケージをよく見て、ノンケミカルと書いてあるものを選ぶと良いでしょう。一般的に販売されている日焼け止めには、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤が主に使用されています。紫外線散乱剤は、肌への負担が少ないとされていて、紫外線吸収剤は肌への負担が大きいと言われています。ノンケミカルの日焼止めとは、紫外線吸収剤を使用せず、紫外線散乱剤や他の肌負担が少ない成分を使用したものになります。肌が弱い方や敏感肌の方は、紫外線吸収剤を使用していないノンケミカルのものを使用することをおすすめします。
日焼け止めサプリ徹底比較ガイド│最強おすすめランキング!はこちら